ストレスが原因となる脊柱管狭窄症の痛み

ストレスが原因となる脊柱管狭窄症の痛み

脊柱管狭窄症はどちらかといえば、女性より男性に多い傾向にあります。

腰が痛くなる原因は色々ありますが、人間の最大の筋肉である腰の筋肉、大腰筋が筋肉疲労を起こす事にあり、 それはストレスによっても引き起こされます。
ストレスが発散されずに、ずっと持っていると腰痛になりやすい傾向になります。

少し、違った見方をすれば、女性に脊柱管狭窄症が少ないのは、男性に比べストレスを溜めにくい環境にあるからかもわかりません。
毎日会社でストレスを受け、解消されないという状況が、脊柱管狭窄症の患者が男性に多いという状況を作るのかもしれません。

脊柱管狭窄症の痛みが、脊柱管の狭窄による神経圧迫であるという事は2番目の要因で、1番目の要因は「痛みは脳にある」とか、「リラックスしていないことにある」のです。
基本的には脳に受けたストレスをうまく消化できないということに原因があり、その上で他の原因が複合的に絡んでいると云えます。

画像で脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの診断があっても、腰の痛みを感じない人がたくさんいるのです。

アメリカでの実験で証明されていることですが、脊柱管の狭窄があっても、ヘルニアがあっても痛みを感じる人はだいたい3分の1以下なのです。

もともと腰痛は、男性に多くて女性に少ない症状です。
大きい筋肉を持っている男性は腰にストレスが影響しやすい、腰痛そのものが起きやすいということがあります。

ストレスをなくし、筋肉を正常・健康にすることで、脊柱管狭窄症の痛みなどの症状は軽減されるのです。