脊柱管狭窄症、自分でできる症状改善対策

脊柱管狭窄症、自分でできる症状改善対策

脊柱管狭窄症は加齢と共に徐々に症状が悪化していきますが、適度な運動によって痛みなどの症状を抑えることも、進行を抑えることもできます。

痛みがある時には安静が必要ですが、痛みが落ち着いてきてもなお安静にしていると腰や足の筋力が衰えて、さらに症状が悪化することのなります。
日常生活でできる適度な運動がリハビリになります。

症状が軽い方は、かかりつけの医師に許可を得て、ストレッチや体操のような軽い運動を日常生活に取り込みましょう。

患部を痛めることなく筋力を高める効果のあるストレッチをおこない、症状改善を目指します。
サイクリングもおすすめです。自転車は、前かがみで運転できるので、痛みを和らげながら筋力をアップさせることができます。

脊柱管狭窄症は運動不足による筋力の低下も原因の一つだと言われています。
サイクリングなどと大げさなものでなくても、近所への買い物も自転車で行くようにするといいですね。

子どもの頃よくやったラジオ体操も効果的です。あの体操は簡単ですがよく計算された素晴らしい体操です。一日一回でもよいので続けることをお勧めします。

日常の姿勢や動作にも注意が必要となります。
基本的には神経を圧迫する姿勢を避けることが大事です。つまり、

・体を反らす姿勢をしない
・仰向けで寝る時は膝の下にタオルなどを置く
・家事はなるべく椅子に座って行う
・重い物を持たない
・外出時には杖やカートを使う
・長時間同じ姿勢でいることを避ける
・太り過ぎに注意

特に背を反らすと脊柱管への圧迫が強くなり、痛みやしびれが増してしまい、間欠跛行が起こりやすくなります。なるべく前かがみの姿勢で歩くようにしましょう。
ちょっと考えられませんが、脊柱管狭窄症の場合は猫背の姿勢が良い(ラク)のです。

歩くときは、杖や手押し車(カート)で少し前かがみになることが大切です。自転車も前かがみになるので、乗れる方は移動の際は自転車を使いましょう。

前かがみが良いからと云って、前かがみになって重い物を持ち上げる、長時間座ったままの前かがみの姿勢などは腰に負担がかりますので、気をつけましょう。

寝るときは、敷き布団は硬め、掛け布団は軽め、枕は低めにするといいでしょう。