足の痺れは日常生活で感じるようなものではない

足の痺れは日常生活で感じるようなものではない

脊柱管狭窄症の足の痺れは大きな症状の一つとなりますが、正座をして足がしびれたというようなものとは少し違ってきます。もっと大きな違和感を覚える事になると言えるでしょう。そのためおかしいなと感じる事も多いと言えます。そのような時に気のせいだと思ってしまうとさらに違和感は大きくなっていくことになります。日常生活の中であまり感じることがない違和感を覚えることがあればそれは体に異常が起こっている証拠でもあるので、しっかり見てもらう必要はあるでしょう。

正座などのしびれとは違った痺れとなりますが、どのくらい違うものになっていくかは個人差があります。脊柱管が非常に狭くなっているようであれば症状は大きくなっていくことになるでしょう。神経的な症状になるので、日によって感じ方が変ってきてしまうこともあります。違和感は最大の危険信号とも言うことができます。違和感を覚えることをもっと重要視していくと良いと言えるでしょう。