持久力を付けると疲れにくくなる

持久力を付けると疲れにくくなる

正しい姿勢というのは疲れてしまうものです。ですがその分筋肉が使われている証拠でもあるので、その疲れを嫌がってしまってはいけません。またそのような疲れを感じていくたびに筋肉には大きな刺激がいくことになります。刺激を受けた筋肉はどんどんより強いものへと変っていくことになります。それが繰り返されるうちにだんだんと疲れを感じにくくなっていき、より高い負担のある長時間の姿勢を保っていくことができるようになります。そうなれば脊柱管狭窄症への定期的な予防策を貼れる事になると言えます。持久力が必要である筋肉はもともと長時間働けるようになっているので、適度に休ませることができれば、それほど筋肉の様子を心配する必要はないと言えます。定期的にしっかりとした刺激を加えられるように意識していった方が良いことになります。

年齢を重ねて、筋肉が弱ってくるとこの筋肉の持久力もどんどん失われていく事になります。高齢者になれはなるほど持久力の持つ恩恵を受けられる事になるので、体を鍛えることはどんな人でも必要な事になります。