脊柱管狭窄症で必要な筋肉は長持ちする筋肉

脊柱管狭窄症で必要な筋肉は長持ちする筋肉

脊柱管狭窄症で予防を考える時に筋力トレーニングがあります。筋力トレーニングというと多くの人がイメージするのは筋肉を大きくさせるトレーニングです。しかしトレーニングの中には筋肉の持久力をアップさせるトレーニングもあります。脊柱管狭窄症のトレーニングではむしろこの持久力が大切になってくるものであり、無理をして筋肉を大きくさせる必要はありません。

筋肉の持久力をアップさせるというのはその姿勢を長く保てるようになるということでもあり、正しい姿勢が取りやすくなっていきます。正しい姿勢をとることができれば、直接脊柱管狭窄症の予防につながっていくことになります。筋肉がより長くそして機能的に働けるようにしていくことができるようにしましょう。

そこで大切になってくるのが毎日のトレーニングになります。筋肉自身が使い方やより効率の良い利用の仕方を覚えてもらうまでしっかりとトレーニングをしていくことになります。筋力自体も上がっていくので体を引き締める事もできることになるでしょう。