間欠性跛行という症状

間欠性跛行という症状

脊柱管とは、脊柱を形成する椎骨の椎孔(椎骨の中央部に存在する脊髄が通るための穴)の連なりでできる管状の腔で、髄膜に包まれた脊髄と血管・神経が通っています。

腰部脊柱管狭窄症は、腰部の脊柱管内を走っている神経が圧迫されることによって、腰痛やしびれを生じる疾患です。

神経が圧迫される原因は、外部からの圧迫や管内の変性などと様々で、脊柱管の内部が狭くなることによって神経が圧迫されます。

脊柱管狭窄症を良く知らない人は、坐骨神経痛と思いがちです。
実際に脊柱管狭窄症の症状は坐骨神経痛の症状を呈するのですが、脊柱管狭窄症という腰痛症は、特徴的な症状がありますので、他の腰痛症とは見分けがつきやすいという面もあります。

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、やはり間欠性跛行だといえるでしょう。

間欠性跛行とは、歩行障害のひとつで、歩いているうちに脚がしびれてきて、歩けなくなってしまいます。
足をとめて腰を屈めて休んでいると、しびれが徐々におさまってきてまた歩けるようになります。
しかし、しばらく歩くとまた強いしびれにみまわれ、足を止めて休んでしまうということになり、それを繰り返しながら目的の所に到達するという事になります。

歩ける時間は、症状によって(神経の圧迫の度合い)も違い、10分程度歩ける方もいれば、2,3分もするとすぐ歩けなくなる方もいます。

脊柱管狭窄症の症状が進行していくと、間欠性跛行の間隔はだんだんと短くなっていきます。
高齢者の中には遠慮があったり、老人性の神経痛と考えて、治療を受けずに脊柱管狭窄症を見過ごしてしまうこともありますので、周囲の人が注意してあげなければなりません。

またこの間欠性跛行という症状は、脊柱管狭窄症以外に閉塞性動脈硬化症でもみられる症状です。
閉塞性動脈硬化症は腰椎に関係した疾患ではなく、動脈血管の疾患ですので間欠性跛行の原因となる疾患をはっきりとさせておく必要があります。

いずれにしても歩行障害に近い症状があらわれた場合は、病院で診断を受けなければなりません。

脊柱管狭窄症は勿論ですが、閉塞性動脈硬化症は安易な自己判断に基づいては、足の切断と云う取り返しのつかないレベルにまで進行させてしまうことになります。

間欠性跛行の症状がある場合には、家族の方も注意して受診をすすめるようにすることが大事です。