腰部脊椎管狭窄症の原因「圧迫骨折」

腰部脊椎管狭窄症の原因「圧迫骨折」

腰部脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが坐骨神経痛の主な原因と言われていますが、その他にも原因に背骨の圧迫骨折があります。
圧迫骨折は骨折したことにすぐに気のつかない人が多いようです。

背骨が圧迫骨折をすると、脊髄神経が通っている脊柱管を形成している椎骨が押しつぶされて脊柱管が狭くなり、神経を圧迫して腰痛や坐骨神経痛を起こします。
歳をとると、背中が丸くなり身長が低くなってきますが、これも圧迫骨折のせいなのです。

勿論、圧迫骨折は高齢者のみに起こるものではなく、軽微な外傷でも腰椎圧迫骨折を起こすことがあり,ぎっくり腰として骨折の診断なく治療されてしまう場合があります。
また、整形外科を受診しても初期のレントゲン画像では見逃されることもありますので、痛みが続く場合は注意が必要です.

女性は閉経後にホルモンのバランスが崩れることなどから骨粗しょう症になる人が多くいます。
骨粗しょう症は、骨の内部がスポンジのようにスカスカになることをいいますが、骨粗しょう症になると骨がもろくなりつぶれるという状態の圧迫骨折を起こしたり、骨折しやすくなります。

骨粗しょう症の主な原因はカルシウム不足で、カルシウムが不足すると特に背骨の内部に多くある海綿骨が減少し始め、骨の構造が変化するといわれています。

カルシウムは骨を作るだけでなく、心臓や脳が正常に機能するために必要な物質です。
体内のカルシウムが不足すると、生命維持のために骨のカルシウムが血液中に流れ出すために、骨粗しょう症となるのです。

歳をとるとホルモンの分泌が減るため、カルシウムを効率よく吸収できなくなります。若い頃と同じ食事をしていても、カルシウム不足になるのはこのためです。

カルシウムの多い食事をし、適度な運動し、1日に1時間ほど日光を浴びる事を習慣にし、骨粗しょう症を防ぐようにしましょう。