後縦靭帯骨化症と手術方法

後縦靭帯骨化症と手術方法

脊柱管狭窄症は脊椎の中央にある脊柱管と呼ばれる神経の通り道が、何らかの理由によって狭窄されるものです。
脊柱管内の靭帯の骨化が狭窄される原因である場合は、脊柱靭帯骨化症と診断されます。

脊柱靭帯骨化症も一種の脊柱管狭窄症といえるのですが、すべり症による狭窄のように外部から脊柱管が圧迫される狭窄症と比較すると、脊柱管内部の変性が原因の場合、治療面で幾分厄介となります。

脊柱靭帯狭窄症も通常の腰痛治療と同じように、いきなり手術をすることはなく、安静状態で鎮痛の為の薬物使用から理学療法へといった保存療法で治療が始まります。

ただし脊柱靭帯骨化症の場合、手足の麻痺が顕著に現れるため、生活面での機能障害が強くなることがあります。
そのような場合や、四肢にしびれや麻痺が強い場合は手術が考慮されます。

脊柱靭帯骨化症のなかでも、後縦靭帯骨化症は、腰椎のみならず、頚椎、胸椎にも発症し、国の特定疾患に指定されています。

後縦靭帯は椎体の後面を縦に走る靭帯で、頚椎、胸椎、腰椎のすべての脊椎を縦に連結しています。
後縦靭帯は、脊髄の通り道である脊柱管の前壁にあるためこの靭帯が骨化して、年齢とともに厚みを増してくると、脊柱管が挟くなって、脊髄の圧迫症状をおこすことになります。 

症状が重い人は手術の対象となりますが、後縦靭帯骨化症での手術は、前方法と後方法に分かれます。

前方法では、椎体を掘削して骨化病変を摘出し、掘削した箇所には骨盤からの骨移植を行う方法と、敢えて摘出せずに前方に浮上させる方法があります。

骨化病変の摘出にはさまざまなリスクがあり、一概にどれが良いという事が言えません

浮上術の長期成績は概して良好で、圧迫因子を直接解除できることから、より根治的な手術とも言えます。ただし骨化が多椎体にわたっておきている場合は骨移植が特殊になりますし、頚椎から胸椎までといった長大な骨化がみられるようなケースでは前方浮上術が適用できないなどの難しさがあります。

前方から手術するのか、後方から手術するのかの判断は、骨化病変の広がり、患者さんの年齢などを参考にして決定します。時には、前方・後方の手術を合わせて行うこともあります。

いずれにしても後縦靱帯骨化症の手術は高度な技術を要しますので、経験豊富な専門医が在籍する施設で行なわれることになります。