脊柱管狭窄症、「筋持久力」強化の必要性

脊柱管狭窄症、「筋持久力」強化の必要性

脊柱管狭窄症などの腰痛症になると、急性期の痛みが軽減したら、次は理学療法などを行い体の機能回復を図っていきます。
その際よくいわれることが「筋力の強化」です。

腰痛治療での筋力強化とは、重い物を持ち上げるための筋肉を鍛えるということではなく、同じ姿勢をずっと続けることができる「筋持久力」を強化することになります。

筋持久力が強化されると、持久力が足りなかった頃と比べると、背骨や腰椎にかかる負担はとても軽くなり、同じ姿勢を維持することが辛くなくなります。

こうした筋持久力の強い体がつくられていくと、脊柱管への圧迫も緩和されはじめます。
地道に筋力アップを行っていれば、時間はかかりますが、脊柱管狭窄症からくる痛みや下肢を中心としたしびれも徐々に緩和されていきます。

腰痛はないけれど、仕事などで同じ姿勢を維持するのが少し辛いと感じている方は、筋持久力をつけることによって仕事の能率を上げることができるはずで、もちろん腰痛にも強い体がつくられてきます。

【筋持久力をつけるには】

インナーマッスルとは深層筋のことで、身体のより骨格に近い場所にある筋肉です。
筋持久力をつけるにはインナーマッスルを強化することにほかなりません。

インナーマッスルを鍛えるためには、ハードな運動は不必要で、脊柱管狭窄症の急性期の痛みがようやく引いたばかりの、いわば、まだ病み上がり状態の方でも無理なく取り組める体操などで鍛えることができます。

このようなインナーマッスルを鍛えるための体操は、リハビリセンターが設置されている整形外科なら、理学療法士の方から指導してもらえます。
それらは、体操とはいえない程度のソフトな運動ばかりですから、高齢者でも、またこれまであまり運動をした経験のない方でも十分取り組めるものばかりです。

なかには運動として物足りないことから、日々続けるのがかえって億劫になり止めてしまう方もいるのですが、この穏やかな運動を地道に継続することで、辛い脊柱管狭窄症を避けることができるのです。

筋持久力を強化していくことで症状の悪化をブロックし、間欠跛行などの典型的な症状がでないようにするためにも、機能回復を図る運動は大事なものなのです。

早く治したい思いが強い気持ちは理解できますが、劇的な改善方法などそんなにあるものではありません。
地味なリハビリの効果を信じて、何よりも継続することが重要なのです。