高齢者に多い脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

高齢者に多い脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

歳を重ねてくると、腰痛や坐骨神経痛などを全て年齢のせいにすることはよくあるのですが、それは危険です。
そのうち治るだろうと思って放置すると、重篤な疾病が隠れている場合もあり大変なことになりますので、気をつけなければなりません。

腰部脊柱管狭窄症を原因とする坐骨神経痛も確かに50歳以上の人に多い疾患だと言われています。
老化による椎間板の水分の減少で脊柱管が変形したり、骨がもろくなり周りの靱帯が厚くなるなど、年齢を重ねることによる支障は否めません。

脊柱管の老化や狭窄症が原因で、背中の丸くなっているお年寄りを見かけることがあると思いますが、このような狭窄型の坐骨神経痛では、上体を後ろにそらした時に痛みやしびれが強くなるというのが特徴で、おのずと腰を丸くしてしまうようになるのです。

勿論高齢者ばかりではなく、生まれつき脊柱管が狭い人は脊椎の変形が起こりやすく靱帯は厚くなりやすいため、30代でも腰部脊柱管狭窄症にかかる人もいます。

しかし、腰部脊柱管狭窄症の症状が見られるからと言って、必ず坐骨神経痛などの痛みやしびれが起こるわけではありません。
 坐骨神経痛などの痛みは、脊柱管の変形で脊柱管の中の神経根や脊髄を圧迫して炎症を来たすために起こるのです。

軽症のうちは太ももや足に痛みやしびれを感じる程度ですが、症状が悪化してくると間欠跛行と言って歩いているうちに足の痛みが強くなり、だんだん歩けなくなることがあるのです。

また、坐骨神経が排尿の機能をコントロールしているため、症状が悪化すると、失禁や股間に熱感を覚えることもあるようですよ。

ただ、排尿障害の場合は、その原因が坐骨神経痛ではなく、女性の場合は老化によるもの、男性の場合は前立腺肥大症によるものと間違えられることがよくあるようですから、自分で原因を決めつけることなく、整形外科か泌尿器科を受診する必要があります。

腰部脊柱管狭窄症が坐骨神経痛の原因である場合は、体操やストレッチで痛みやしびれの症状が改善されるのですが、高齢者では骨がもろくなっているため、無理な運動はかえって危険な場合があります。

自分勝手な運動は行わないように、リハビリテーション科などで理学療法士の指導の下、適切なストレッチ方法を無理をしないで続けてください。