腰部脊柱管狭窄症とコルセット

腰部脊柱管狭窄症とコルセット

腰部脊柱管狭窄症は、加齢による椎間関節や椎間板の変性、また椎体が前方にずれる「脊椎すべり症」などが原因となって、神経の通り道である「脊柱管」が狭くなり神経を圧迫し、腰痛や歩行障害などが起こります。

腰部脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みの軽減を目的に使用するのが腰部コルセットです。
腰部脊柱管狭窄症の患者の為に作られた、特殊なコルセットを腰に装着すしますが、このコルセットは、他の軟性のコルセットと少し違い、やや前屈みの姿勢になるように腰を固定します。

コルセットを装着することで腰を伸ばすことが制限されるため、神経への刺激が軽減されます。

腰部脊柱管狭窄症用のコルセットは、装着時に多少違和感があり長時間装着して過ごすには違和感があり、あまり快適でないようです。
その為、一般の「軟性コルセット」を使用する方もいますが、軟性コルセットは腰痛等の痛みの緩和には適していますが、歩いていると痛みや痺れの症状がでる腰部脊柱管狭窄症には適していません。

しっかりと脊柱管を支える効果をあげる為には、多少不快感があっても腰部脊柱管狭窄症用の装具を装着する方が効果的なのです。

コルセットのデメリットは、装着時は腰の痛みは緩和されても、装着そのものに不快感があり日常生活においてストレスを感じる事です。

また、長時間装着したままの生活をしていると、腹筋と背筋の筋力が低下してしまいます。
コルセットを装着することが習慣になっては困ります。

コルセットをつけたままでも、前方にかたむきすぎた骨盤や腰椎の弯曲を矯正するための腹筋強化運動ができますが、主治医と相談して、コルセットを付ける時間などを調節しながら、治療を進めて行くことが重要です。

コルセットは気軽に装着が出来ますが、きっちりと装着しなければ装着している意味がなくなり、かえって脊柱管狭窄症に悪影響を及ぼしかねませんので、必ず医師の指導に従って下さい。