脊柱管狭窄症・・手術しない場合のセルフケア

脊柱管狭窄症・・手術しない場合のセルフケア

高齢者に多い脊柱管狭窄症は、多くの場合で手術をする必要がないのですが、現実的には歩くのが困難であったり下半身の痺れがきつかったり、また排泄障害があるなど日常生活に支障が出る事も多いものです。

排泄障害など、重篤な症状がある場合には手術が検討されますが、症状が軽い場合は、かかりつけの医師に確認の上軽い運動を日常に取り込むことで痛みの軽減が図れることがあります。

脊柱管狭窄症は、加齢によって筋力が衰える事で骨に負担がかかるようになり発症する場合が多々あり、効果的に筋力を鍛えることは、痛み軽減や予防にとても効果があるのです。

また椎間板ヘルニアやすべり症が脊柱管狭窄症の原因となる事もあり、腰椎にも負担がかからないように気をつけなければなりません。

椎間板ヘルニアやすべり症なども防ぐためにも、まず日常生活の中での姿勢に注意することから始めて下さい。

「ヘルニア」の場合は前屈みになった際に神経痛が発症する事が多いのですが、「脊柱管狭窄症」の場合はその正反対で「背中を反らす」姿勢を取った際に神経痛が発症する事が多いのが特徴です。

前かがみの姿勢いると楽になりますので、痛みがキツイ間は前かがみの姿勢で生活するように、また長時間同じ姿勢でいることを避けるようにしましょう。

次に最も基本的で脊柱管狭窄症に効果があると思われるのは、ストレッチによって腰椎を支える腰周りの筋肉を鍛え、腰椎の安定を図ることです。
また、ストレッチは体のあらゆる部位を柔らかくするためにも効果的です。

運動は、集中して一度に体を動かすと、かえって疲れてしまいますし、ぎっくり腰などを引き起こしかねません。
ストレッチなどは簡単なメニューを継続的にこなすことで効果が表れてきます。
力むことは脊柱管狭窄症になる原因であるとも言われますので、注意しましょう。

脊柱管狭窄症は、高齢で運動不足になる事から筋力の低下を起こすことが原因の一つだと言われています。

若い時期から車の運転をできる限り減らし、できることならば近くは自転車で移動するようにしましょう。
自転車は前かがみの姿勢で乗るので、脊柱管狭窄症の痛みがある場合には、痛みの緩和に役立ち、筋力をアップさせることができ、尚且つダイエット効果にもなります。

また水泳は浮力によって腰が重さを支える必要がなくなり、ゆっくりと泳ぎながらその間に他の部位を効果的に鍛えられまので、リハビリには人気の方法でもあります。
泳がなくても、水中でのウオーキングのみで十分効果が上がります。

肥満も腰痛には大敵で、運動が減量に一番効果的な方法なのですが、脊柱管狭窄症の方はあまり激しい運動をすることが難しいため、食事による減量をすることをお薦めします。

具体的には大豆類や海藻類を多く摂取して、ビタミンやミネラルを多く補給しましょう。
朝や昼は食事を多めにとり、夜の炭水化物を控えて大豆や海藻類だけにすると、脊柱管狭窄症にも効果があり、体に優しいダイエットになります。

勿論医師の指導に従う事は前提ですが、自分の日常生活において改善できることはないか、とりわけ姿勢に関しては今一度じっくりと考えてみることも大切です。