脊柱管狭窄症、日常生活での注意事項

脊柱管狭窄症、日常生活での注意事項

脊柱管狭窄症は高齢者に多い疾患で、加齢による骨の変性などが原因と考えられています。
その為歳を重ねるごとに症状が悪化していきますが、適度な運動によって症状の進行を抑えることもできます。

病院などでは痛みがある場合には安静にするように指導されますが、安静にしすぎると腰や足の筋力が衰えて、さらに症状が悪化することもあります。
ある程度痛みが取れて楽になれば、日常生活でできる適度な運動を始めるようにしましょう。

症状が軽い方は、かかりつけの医師に確認の上、軽い運動を日常生活の一部になるように取り入れてみましょう。
例えば、患部を痛めずに筋力を高める効果のあるストレッチをおこない、症状改善を目指します。
また、自転車は前かがみで運転できるので、痛みを和らげながら筋力をアップさせることができます。

脊柱管狭窄症は運動不足による筋力の低下も原因の一つだと言われています。
高齢になると、なかなか運動もしなくなってしまいます。
身体に負担をかけることなく、簡単にできる散歩も有効な運動となりますので、日常に取り入れてみて下さい。

腰部脊柱管狭窄症の悪化を防ぐには、日常の姿勢や動作にも注意が必要です。
基本的には神経を圧迫する姿勢を避けることが大事です。

・腰を反らせない
・仰向けで寝る時は膝の下にタオルなどを置く
・立ち仕事はなるべく避ける
・重い物を持たない
・外出時歩くときには杖やカートを使う
・長時間同じ姿勢でいることは避ける
・肥満を解消する

特に背を反らすと脊柱管への圧迫が強くなりますので、痛みやしびれが激しくなり間欠跛行が起こりやすくなります。

歩くときは、杖や手押し車(カート)を使う事で、身体が少し前かがみになりますので、楽に歩けます。
自転車も前かがみの姿勢がとれるので、痛みを感じることなく移動ができます。