広範脊柱管狭窄症の治療

広範脊柱管狭窄症の治療

広範脊柱管狭窄症は、頸や椎間板、胸など広い範囲に渡って様々な障害を起こす疾患です。
中年以降の男性に多く見られ、男女比はおよそ2:1程度です。

主な症状は手足の痺れや痛み、脱力感などで、症状が強い場合は手足に力が入らなくなることがあります。
少し歩いては休み、また少し歩いては休むといった間欠跛行、その他、排泄障害などが現れる場合もあります。
加えて、どこかに強くぶつけた、または転んだなどの外的な要因によって、その症状が急激に悪化することもあるようです。

広範脊柱管狭窄症の治療は

・まずは局部を安静にする必要があるため、脊椎固定装具の装着
・消炎鎮痛剤などの薬物治療
・頸椎や腰椎持続牽引
・馬尾神経や、神経根の障害が現れている場合は、硬膜外ブロックや神経根ブロックを行う。

などですが、これら保存治療の効果が芳しくない場合や、脊髄に麻痺が見られる場合には、手術が検討されます。

手術では、前方進入による前方徐圧固定術や、後方進入による椎弓切除術、脊柱管拡大術などが行われます。

一般に手や足に痛みあるいはしびれが存在する場合、症状は良くなったり悪くなったり反復しますので保存的治療を受けながら経過観察します。
しかし手足の力が落ちている場合、また排尿、排便障害がある場合は手術を行わないと症状の軽減は難しくなってきます。

脊髄麻痺の状態は外傷で麻痺になった場合も同様に、手術を行っても回復はあまり良くはありません。
時期を失うと、例え手術を行っても十分な改善が得られないことがあります。

良い状態と悪い状態を繰り返すため、症状に気づいていてもなかなか医療機関に行かない方が多いようです。
しかし、その間に次第に悪化して歩行が困難となってきます。

転倒などの軽微な外傷により、急に症状が悪化し、重篤な脊髄麻痺をきたすことがあり、早めに処置しなければ、手術をしなければならなくなることもあります。
また、手術をしたとしても充分に改善しないこともありますので、早期発見並びに早期治療が非常に大切なのです。