若い頃に大きな怪我があるかないかの差

若い頃に大きな怪我があるかないかの差

脊柱管狭窄症は健康な人でもなる可能性があり、油断はできないことが多いです。年齢による影響を強く受けるので、過去に怪我をしていない人でも十分注意をしておくことは必要となります。過去に大きな怪我をしている人にとってみれば、逆に腰をいたわるような姿勢を心がけていることも多く、脊柱管狭窄症のリスクが低くなっている場合もあります。そのため怪我による差はそれほど大きなものではないと言えます。ただ、無意識のうちに症状が進んでいるというような場合であると脊柱管狭窄症の症状が出てきてしまうリスクは高まる事になります。

また高齢になってから大きな怪我などをしてしまうと、それが原因で脊柱管狭窄症の症状が出てきてしまう事もあれば、違う身体症状が出てきてしまうこともあります。怪我による差はそこまで大きなものとはいえない部分がありますが、怪我をしないことに越したことはありません。健康な体であれば体を鍛える事もできるのでより強いものにしていくこともできるでしょう。