腰部脊柱管狭窄症をストレッチで改善

腰部脊柱管狭窄症をストレッチで改善

腰部脊柱管狭窄症は高齢者の方に多い疾患で、治療方法には様々なものがありますが、重度の腰部脊柱管狭窄症でなければ、一般の場合、保存療法で対処するようになります。

痛み止めの服用や注射、理学療法などと併せて、簡単に出来るストレッチ体操が腰部脊柱管狭窄症には効果の高い治療方法と言われています。

ストレッチの基本は筋肉をほぐし、患部へのサポート力をより高めることにあります。

【椅子に座って行うストレッチ】
椅子の手前半分に腰を掛けて、片方の膝を持ち上げ胸に付けるようにストレッチします。
これを両足5回づつ繰り返します。
股関節の筋肉を和らげて、腰椎への負担を減らすことを目的としています。

【腹筋運動】
背筋を伸ばし、椅子に浅く腰掛けたら、上体を後ろにゆっくりと倒していきます。
背もたれに触れる直前で動きを止め、そのまま10秒ほど静止しま、その後元に戻します。
体調・体力を考慮して、10回行うように頑張ってみましょう。

【ひれふし体操】
これは筋を伸ばすストレッチです。
正座をして、背筋を伸ばしキレイな姿勢を意識します。
両手を床につけ、そのまま滑らす用に前方に伸ばしストレッチします。
これを1日10回行うと効果的です。

いずれの運動も、「ちょっと痛いけど気持ちいい」くらいにとどめて下さい。

【スクワット体操】
腰へ負担を掛けないように部屋の角を利用してストレッチを行います。
部屋の角に背中を当てて、両足は両方の壁にくっつけます。
そのままお尻を下に10cmほど下げて、10秒ほど停止し姿勢をキープします。
これを1日10回ほど行うと効果的です。

もちろんすべての動作が簡単に出来るということではなく、中にはある程度コツを掴むことが必要になる場合もありますが、あせる必要もなく、自分のペースでコツを掴みながら慣れていけばいいのです。。

他にも誰もが知っているラジオ体操は、全身のストレッチをする事が出来る体操で大変有効です。

実際にストレッチを実践して、痛みが以前より悪化してしまった場合は、速やかに止めて安静にしておき、出来るだけ早く医師の診断を仰がなければなりません。

自己流ストレッチを実践していた人の中に痛みが悪化してしまった人が多く見受けられます。
ストレッチは正しいやり方で実践しないと意味がありません。
自分では正しいと思ってやっていても、ほんの少しでも動作を間違えると、体の部位にかかる負担が変わってきてしまいます。

ストレッチに慣れてきた頃に往々にして、痛みが出てくるようになります。
慣れてきたからといって、自分本位でやろうとせず、毎回、毎回、動きを丁寧に確認しながら実践するようにしてください。
ストレッチは継続して行ってこそ効果が高いものになります。

また、腰部脊柱管狭窄症の症状を悪化させる直接の原因となるような、
・上半身を後ろ側に反らすような動き
・長時間の歩行や立ち仕事
などは避けるようにしなくてはなりません。