症状として記載されているのはある程度重症化したものが多い

症状として記載されているのはある程度重症化したものが多い

脊柱管狭窄症の症状として乗っている症状の例は、一見わかりやすいように思える事もありますが、一般的な症状となるのはある程度症状が進んでいるものが多く、その症状が出ていないからと言って、安心することはできないことになります。逆に明らかに脊柱管狭窄症というのがわかるような症状が出てきてしまった時は、すぐに対処が必要な場合であると判断できます。あまりにも痛いという状況になってしまうことはあまり良いことではありませんが、一人暮らしの高齢者などになってしまうと、事態に気付くのが遅くなってしまうことが多く、重症化してしまうこともあります。

あまり動かない人であると、動かないことで症状に気付きにくくなってしまうこともあります。動かなくても筋力の低下によって脊柱管狭窄症が引き起こされることはあるので、しっかりと注意が必要です。良くない姿勢を長時間とるような環境が矯正されている人に対しても、脊柱管狭窄症のリスクは考えておいた方が良いと言えるでしょう。