合併症としての脊柱管狭窄症

合併症としての脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症が他の症状と合併して現れてくることはあります。そのため坐骨神経痛と同じような意味としてこの脊柱管狭窄症が利用されることはあります。混同しないようにする必要がありますが、別々に考えるのではなく、関連付けて捉えていくことが大切になっていきます。脊柱管狭窄症そのものに大きな原因として先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものはまた話しは違ってきますが、後天性のものの多くは他の腰痛と大きく関わっていることが多いと言えるでしょう。関わっていないとしても他の腰痛が原因になって、それが結果的に脊柱管狭窄症として現れるとういことはあります。

しっかりとした治療が必要になってくるなかで、このように症状がいくつも組み合わさってくるとなかなか複雑になってしまうと考えることもできます。ですが治療自体は脊柱管狭窄症に対する治療で対応することができる場合が多いです。ですが予防となっていくとやはり脊柱管狭窄症に大きく関連している症状への対策が必要不可欠になってくると言えるでしょう。