脊柱管狭窄症のセルフケア

脊柱管狭窄症のセルフケア

脊柱管狭窄症と診断され他場合、多くの方は手術をする必要がない(排泄障害など日常生活が困難でない場合)、場合が多いのですが、現実的には歩いていると下半身の痛みや痺れがきつくなってくるなど、日常生活に支障が出る事も多いものです。

症状が軽い場合は、治療と並行してかかりつけの医師から正しい姿勢の改善やストレッチなどの指導をされる事もあります。

椎間板ヘルニアやすべり症なども防ぐためにも、まず日常生活の中での姿勢に注意しなければなりません。
色々な場面で腰に負担がかかる行為をしていますので、それを一度見直すことから始めてみましょう。

次に最も基本的で脊柱管狭窄症に効果があると思われるのは、ストレッチによって腰周りの筋肉を鍛え、腰椎の安定を図ることです。

腰部脊柱管狭窄症の場合、腹筋や殿筋など腰椎屈筋のストレッチや、背筋、腸腰筋などの腰椎伸筋のストレッチを行います。
これらのストレッチを日常的に行う事で、症状の改善や悪化防止に効果があります。

脊柱管狭窄症は、加齢によって筋力が衰える事で骨に負担がかかるようになり発症する場合が多々あり、効果的に筋力を鍛えることは、痛み軽減や予防にとても効果があるのです。

また椎間板ヘルニアやすべり症が脊柱管狭窄症を引き起こす事もあり、腰椎にも負担がかからないように気をつけなければなりません。

また、ストレッチは体のあらゆる部位を柔らかくするためにも効果的です。

【股関節の筋肉を強化】

椅子の手前半分に腰を掛けて、片方の膝を持ち上げ胸に付けるようにします。
これを両足5回ずつ繰り返します。
股関節の筋肉をほぐすと共に筋力アップの効果があり、腰椎への負担を軽減する事が出来るストレッチです。

【腹筋運動】

椅子に浅く座り背筋を伸ばします。
上半身をゆっくりと20度ほど後ろへ反らして、椅子の背もたれに背中が当たらないように反らした所でその体勢を10秒間キープします。
10秒キープしたらゆっくりと元の体勢へ戻ります。
これを10回1セット、1日3セット行うと効果的です。

【背筋を伸ばす】

正座をして、背筋を伸ばしキレイな姿勢を意識します。
両手を床につけ、そのまま滑らす用に前方に伸ばしひれ伏してストレッチします。
これを1日10回行います。

その他スクワット体操などがありますが、高齢者で、ましてや痛みが少しでもあると、ストレッチ体操はできません。

そのような場合は、「ラジオ体操」をしてみましょう。
誰もが知っているラジオ体操は、全身のストレッチをする事が出来る体操で大変有効に作用します。
勿論、痛みや痺れなど症状があるときには行わないでください。
気持ちいいと思う範囲でできる事を心がけましょう。

また、腹筋を鍛える為に有効なのが「腹式呼吸」です。
医師に正しい「腹式呼吸」の仕方を指導してもらい、日課として続けると必ず効果があらわれます。
身体に負担のかからない、素晴らしい筋力アップの方法です。