片側の場合もあれば両側の場合もある

片側の場合もあれば両側の場合もある

脊柱管狭窄症の場合、競作している部分によって症状の程度が大きく変ってきます。また部位によって片側に出るのか、それとも両側に出てくるのかも違ってきます。両側に出てきた場合、感覚などの異常をしっかりとキャッチできないと、症状が進んでしまうこともあるので注意が必要です。下肢の痺れや感覚の麻痺などがあった時は迅速な対処が必要になってきます。

脊柱管狭窄症でも混合型といわれるものになってくると両側に痺れなどの異常が出てくる場合があります。両側の場合片側に比べて生活に与える影響力は当然大きくなります。またより深刻な症状が出てきてしまうケースもあると言えるでしょう。坐骨神経などと関わりが深い脊柱管狭窄症なので、坐骨神経痛などの要素も考えていく必要があることもあります。特に両側に異常を感じた時は、脊髄に異常があると考えて対応をしていくと良いでしょう。検査をできるだけ早く受けて、自分の体がどのようになっているのかを確かめる必要があるでしょう。