脊柱管狭窄症のひとつ馬尾症候群

脊柱管狭窄症のひとつ馬尾症候群

脊柱管狭窄症自体、多くの障害の中における症状の一つと言うことができますが。その脊柱管狭窄症の中にも症状を表す言葉があります。そのうちの一つが馬尾症候群と呼ばれるものになります。この馬尾症候群というのは、脊髄神経の中でも馬尾神経といわれる部分が障害を受けることで生じてくるものであり、その症状はなかなか生活に深く関わってくるものとなってしまう場合が多いです。

下半身における違和感があることになりますが、症状が進んでくると排尿障害などが生じてくることもあります。この場合自分でコントロールすることが難しくなってしまう場合もあり、非常に不便な体験をしてしまうことも多いです。日常生活の上で苦労してしまう要素も増えてしまうでしょう。この排尿障害は脊柱管狭窄症の中でも比較的重い症状になってくるので、早めに対処をしておけば症状が出てくる可能性は低くしていくことができます。できるだけ早めに脊柱管狭窄症の症状に気付いておきたいところと言えます。