脊柱管狭窄症、手術に関する重要なポイント

脊柱管狭窄症、手術に関する重要なポイント

脊柱管狭窄症で手術が検討されるケースは、歩行障害、排泄障害などの強い神経障害がある場合や、日常生活における姿勢の改善指導をはじめ、保存療法をしばらく続けてみても「短い距離しか歩けない」など、効果が得られなかった場合などです。

脊柱管狭窄症の手術は、痛みの原因によって異なっているのですが、基本的な考えは、「脊柱管を広げて神経への圧迫を取り除く(除圧)事」になります。

手術法については、どのように神経が圧迫されているか、また範囲、症状がどの程度であるかによって、「開窓術」「椎弓切除術」などの選択がなされます。 
除圧部位に強度が必要な場合は「固定術」を併用します。

痛みの原因により手術方法が異なることや、中には診断や手術方法が困難になる場合もあることから、まずは脊椎専門の整形外科に診断を受け、医師と信頼関係を築いたうえで、きちんと説明を受け、納得した上で手術をしてもらうことが望ましいでしょう。

【脊柱管狭窄症の手術に関するポイント】

1、早期発見・早期治療が重要です。
通常、馬尾神経障害がある場合は手術を勧められることが多いのですが、馬尾神経障害があったとしても、手術をしないで保存療法で回復することもあります。

しかし、これはあくまでも「早期発見と早期治療」の場合となります。 
このことからも、「単なる腰痛、年齢のせい」などと自分で勝手に判断して放置する事が無いようにしなければなりません。

2、手術をしたからと云って、誰もがすべて完治して解決するとは限りません。
下肢や腰の痛み、軽度の下肢筋力低下は、手術によって治りやすい症状です。

しかし残念なことに、「痺れ」や「麻痺」などの神経症状については、しばしば残ってしまうことがあります。
又、痛みが再発してしまうケースもまれにあります。

脊柱管狭窄症の手術をすることで痛みが薄れ、生活自体は楽になり明るさが取り戻せますが、「手術をしても、すべてが解消されるとは限らない」という事、また合併症への理解をしておかなくてはなりません。

他の手術でも同じですが、自分の全身状態や麻酔の影響なども医師に申告し、よく話し合う事が重要です。