内視鏡手術という方法

内視鏡手術という方法

脊柱管狭窄症ではレーザー治療を行なう事ができません。そのため手術は必然的に負担が大きなものになっていきます。しかし脊柱管狭窄症の手術の中にも種類はあり、その中で内視鏡手術は比較的体への負担が少ない手術になると言えるでしょう。

体に付ける傷というのも内視鏡を入れるための傷であり、それほど大きなものにならず、目立ちにくい傷にしていくことができます。また傷が小さいということはそれだけ回復などにも良い影響を与え、術後の経過も比較的良好な状態を保っていくことができるでしょう。症状によって適用させることが難しい場合などもあるようですが、選択肢の一つとして考える十分な価値はあると言えます。

脊椎固定術や除圧術はやはり大きな負担がかかってしまうこともあり、回復にもそれ相応の時間が必要になってくることになります。しっかり治療の専念することが大切ですが、時間がないなどの都合がある人にとって内視鏡手術は頼りになる方法になっていくでしょう。