脊柱管狭窄症の原因と検査

脊柱管狭窄症の原因と検査

脊柱管狭窄症とは、脊椎の椎孔が連なってできた細長い空間で、腰部での脊髄神経の通り道である脊柱管が、何らかの原因で狭くなり、その結果、神経や血管を圧迫するために起こるものです。
「こしぼね」は(医学的には腰椎といいます)、体を支えており動きも激しいので、背骨の中でも特に負担のかかる部位です。

【脊柱管が狭くなる原因】

「先天性脊柱管狭窄症」
・生まれつき脊柱管が狭く、脊柱管が正常より狭いまま成長したものが原因

「後天性脊柱管狭窄症」
・すべり症により脊柱管が狭くなったもの
・椎間板ヘルニアなどによる合併狭窄
・腰椎への手術により狭窄した
・外症によるものなど
・成長途中で脊柱管に十分な広さが出来なかったもの
・加齢による病気や変性

などが、脊柱管狭窄症の原因としてあげられます。

【病院での検査】

まずは問診が行われます。
その際、腰を反らせた時、前かがみなった時の症状についてはとても参考になりますので、痛みが出る時などの状況をよく覚えておいて、問診の際に医師に申告しましょう。
問診である程度の症状や身体の状態をチェックした後で、画像解析によってより症状を明確にします。

病院では、神経学的な診察に加えてX線検査や機能撮影側面像、CT検査・MRI検査を行い、これら画像によって脊柱管に狭窄が起こっているか確認します。 

通常、X線検査(レントゲン)検査を行った後、もっと詳細な情報が必要な場合、狭窄の度合いなど骨以外の状態を見るために、CT検査やMRI検査を行い、場合によっては、造影剤を使用することもあります。

レントゲンでは脊椎の変形や脊椎骨のずれの程度、骨粗しょう症の有無、椎間板の痛みや骨棘ななどが分かります。

機能撮影側面像では脊柱管内の硬膜管や軟骨組織である椎間板などの状態を見るために、神経の管に造影剤を注入して撮影しますが、副作用の可能性がありますので撮影の前にその可能性を診断することが必須です。

CT検査では患部にx線を透過させて詳細な三次元画像を撮影することができます。椎体辺縁部から骨棘や椎間関節の肥厚や硬化などの状況が鮮明に診断できます。

MRIによって腰部脊柱管狭窄の状況を撮影し、椎間板や黄色靱帯の脊柱管内への膨隆の状況などが分かります。

又、脊柱管狭窄症の症状の特徴でもある「間欠跛行」の症状は、血管が詰まる事で起きる「閉塞性動脈硬化症」でも出ますので、他の病気の可能性もあわせて判断されます。