脊柱管狭窄症「後方進入腰椎椎体間固定術(PLIF)」とは

脊柱管狭窄症「後方進入腰椎椎体間固定術(PLIF)」とは

脊柱管狭窄症を手術する場合、手術の方法として後方進入腰椎椎体間固定術(PLIF)という方法があります。
手術は神経を圧迫している骨・軟骨成分を切除するだけの場合もありますが、「ずれ」と「ぐらぐら」が顕著な患者さんには、やむを得ず腰椎を固定することが必要になります。

全身麻酔をして、腹部を下にして寝ます。
腰椎椎弓形成術と同様で腰部を10~15cmほどの皮膚切開を行い顕微鏡を見ながら、神経の入っている管を広げます。

しかし、腰椎すべり症やそれが原因の脊柱管狭窄症では、椎間関節が破壊されていることがあり、その場合は術後に不安定性が起こる可能性が高く、固定が必要となります。

椎体と呼ばれる背骨を固定する方法で、これを腰椎後方椎体間固定術と呼びます。
手術時間は1~2時間程度で、麻酔時間を合わせて、3~4時間ほど手術室に入っていることになります。
この手術での出血は200cc程度ですから、きつい貧血がない限り輸血を行うことはありません。

問題がなければ術後1~2日目から体幹ギプスを巻いての歩行が可能になります。
ギプスは入浴が許可される4日目には除去し、あらかじめ作成しておいたコルセットに変更します。

患者さんの状態によって異なりますが、一般的には、骨が完全につくまでの期間(術後およそ5~6ヶ月間)はコルセットを装着します。

手術から2週目には退院が許可されます。術後1月間は安静を心がけて下さい。事務的作業は1月後、軽作業は2月目、重労働は3月目から許可されますが、骨粗鬆症の程度によって多少異なりますので、外来で診察医の指示に従ってください。

合併症としては、脊髄や神経根の損傷、脊髄を覆っている膜に孔があいて脳脊髄液が漏れて止まらなくなり、処置(手術など)が必要になる場合があります。