高齢化社会になり、急増している脊柱管狭窄症

高齢化社会になり、急増している脊柱管狭窄症

人の脊椎(背骨)は指輪のような形の椎骨が重なってできています。
指輪の台に相当する腹側の部分には、椎間板がありクッションの役目を果たしています。
背中側には指穴に相当する部分が連なって管(脊柱管)となっていて、中を脊髄が通っています。
さらに脊髄からは多数の末梢神経が椎骨と椎骨の間を通って出ています。

この脊髄の通り道である脊柱管が何らかの原因で狭くなるのが「脊柱管狭窄症」であり、腰椎部に最も多く見られます。

原因として多いのは、加齢などによって生じる腰椎の変形(変形性腰椎症)ですが、腰椎と腰椎の間のクッション役の椎間板が脊柱管へと飛び出す椎間板ヘルニアや、椎骨がずれて生じるすべり症などでも起こります。

主な症状としては、末梢神経が圧迫されるために下肢に痛みがあり、また脱力感、知覚障害などがあります。
最も特徴的な症状が、少し歩くと下肢の痛みで歩けなくなり、少し休むと又歩き始められる「間欠性跛行」です。

このような症状があり、整形外科を受診した場合、レントゲンと磁気共鳴診断装置(MRI)の写真から原因が何であるかが判断されます。
高齢になると、変形性腰椎症と椎間板ヘルニアの合併によって起こる腰部脊柱管狭窄症などが多く、入院が必要な場合もあります。

しかし、即手術という事にはならないのが通常で、保存療法で対処されます。
腰椎部に低周波刺激を加えて血流を促進し、周辺の筋肉の健全化を図ります。
腰痛体操による腹筋背筋の強化、下肢の筋力低下に対しては、筋力増強訓練や温水プールでの運動訓練なども取り入れられます。

下肢の間欠性跛行の症状に対しては、神経の血流をよくする薬剤の注射をしながら歩行訓練を行う事もあります。

これらの事を、入院して医師の管理の元集中的に行えば、早く痛みから解放されるのですが、入院が困難な場合は、強い意志があれば多少時間はかかりますが、通院でも十分できることです。
自宅で腰痛体操を行う場合は、医師と相談して、医師の指導による体操を行うようにして下さい。
腰痛体操に限らず、自分で判断して他の人と同じことをして、かえって悪化を招く事もあります。
 
腰部脊柱管狭窄症は、高齢化社会にともなって増加をしており、最近注目されている症状でもあります。

持続的な痛みや膀胱・直腸障害がある重症例では手術が必要な場合もありますが、一般的には、リハビリや内科的治療が有効な場合も多く、正しい診断と対策がとても重要なポイントです。