脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

「脊柱管」は、背骨を縦断する脊髄中枢神経が通っている「管」で、その脊柱管が狭くなってしまい、様々な症状を発症する疾患が「脊柱管狭窄症」です。

狭くなった脊柱管の中で脊髄中枢神経が椎骨等に触れてしまう(圧迫されてしまう)事によって神経痛が引き起こされます。
背筋を伸ばした時に走る神経痛や歩行障害である間欠跛行(かんけつはこう)が、脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

「椎間板ヘルニア」の場合は神経痛症状は同じなのですが、前屈みになった際に神経痛が発症する事が多いのに対して、「脊柱管狭窄症」の場合はその正反対で「背中を反らす」姿勢を取った時に神経痛を発症する事が多いのが特徴となっています。

【間欠跛行】

脊柱管狭窄症によって発症する代表的な症状の一つが「間欠跛行」と云われる「歩行障害」です。

脊柱管が狭窄をしていると、歩行の場合わずかに脊髄中枢神経が椎骨等に圧迫されてしまいます。
圧迫は僅かであるため歩けるのですが、圧迫状態を維持したまま歩き続けることになり、歩行中徐々に体が痺れ、辛くなってきます。

歩ける距離や時間は神経圧迫の度合いによって違いますが、例えば10分程度歩くと腰や臀部、太腿の裏側など、いわゆる坐骨神経に沿った部位に痛みが蓄積されていき、坐骨神経痛の症状が出てきて歩行困難な状態になってしまいます。

この間欠跛行(かんけつはこう)の特徴は、しゃがんで腰を丸めて暫く休んでいると痛みや痺れも取れ、また歩く事ができるようになる事です。

ですが、やはり又しばらく歩くと徐々に痛みや痺れが広がり始め、再び歩行困難になってしまうという状態の繰り返しとなります。

休むことでまた動ける為、高齢者は「歳だから・・・」といって放置するケースが多くなってしまいます。
しかし、この「少し休むとまた歩けるようになる」間欠跛行を自覚したなら、すぐに近くの病院で診察を受ける必要があります。

症状が悪化してしまうと、身体の不自然な歪みが悪影響を及ぼし、腰椎椎間板ヘルニア等が引き起こされる可能性があるなど、多くの問題の原因ともなりますので、油断はできません。