脊柱管狭窄症とストレスの関係

脊柱管狭窄症とストレスの関係

脊柱管狭窄症などによる腰痛が起こっている場合でも、心理的不安のストレスを軽減することで、痛みやしびれを改善することができるということが、日本でも少しずつ認められるようになっています。

腰痛の臨床現場において、画像検査をしてみても腰痛の診断の決め手となる構造上の問題発見できないということがかなり多いようです。

色々な方面からの情報調べてみても、「椎間板や腰椎の変性、それに伴う神経の圧迫」といった腰痛の原因と云われることが、詳しく解説してあります。
しかし、脊柱管狭窄症をはじめとする腰痛患者のすべての方が、そうした構造上の原因を抱えているわけではないということが、今や明らかになっているのです。

また反対に、腰椎に構造上の問題が認められても、腰痛症状がまったくあらわれない人が多数いるということも、研究調査において証明されています。
という事は、腰痛の原因を脊椎周辺の構造上の問題と決めて、そこに焦点を当てて治療を考えることは、冷静に考えると不自然なことかもわかりません。

腰痛の場合まずは原因の特定をしますが、いきなり手術を行うことはほとんどありません。保存治療によって腰痛の改善を待ちますが、保存療法で経過をみても痛みやしびれが改善されない場合は手術によって痛みの原因を取り除くことになります。

しかし、手術を検討する前に考えてみたい事が「心因性ストレス」です。

自律神経はストレスの影響をとても受けやすいのが特徴で、自律神経が乱れると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、筋肉が緊張したり、血液循環が悪くなったりして慢性的な腰痛を引き起こすのです

長い間にわたってストレスを感じ続けると、脳の中にある情報伝達物質の分泌に異常をきたします。
その結果、通常なら少ししか感じない小さな痛みが脳に伝わる間に増幅され、激しい痛みとして認識されるわけです。

寝たきりの状態、歩行に松葉杖が必要な腰痛の患者さんが手術を受けることなく、長年苦しんできた痛みから解放される場合があります。
それはストレスを緩和することで、脳の機能が正常になり、体内で天然の神経ブロックが機能するようになるからです。

脳の快感中枢である側坐核が体内での天然の神経ブロックの働きをしているのですが、こうした多数の腰痛の改善例がもっと一般に紹介され、専門家によってそのメカニズムが解説されることを望みます。

ストレスの軽減が腰痛のみならず、肩こりや原因不明の腹痛などにも有効であることが、一般的な知識としてさらに広まってほしいものと思います。

もちろん腰痛のなかには、重大な構造上の疾病によってひきおこされるものや、腫瘍性の腰痛もありますから、検査を行なって原因を精査することは欠かせないことで、その点は申し添えておきます。