腰部脊柱管狭窄症と間欠跛行

腰部脊柱管狭窄症と間欠跛行

腰部脊柱管狭窄症は、腰部の脊柱管内を走っている神経が圧迫されることによって、腰痛やしびれを生じる疾患です。
神経が圧迫される原因は、外部からの圧迫やすべり症、加齢などによる変性等様々な要因で脊柱管の内部が狭くなる為と考えられています。

脊柱管狭窄症はその症状から、他の腰痛症のように坐骨神経痛と表現されることもあるのですが、脊柱管狭窄症は、間欠跛行という極めて特徴的な症状を呈しますので、他の腰痛症とは区別がつきやすいといえます。

脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠跛行とは、歩行障害の一つで歩いているうちに脚がしびれ出して、歩くことが困難になります。
歩くのをやめて休まざるを得なくなり、腰を屈めてしばらくの間休んでいると、しびれがおさまるのでまた歩き始めます。
しかし、しばらく歩くとまた強いしびれに襲われ、足を止めて休んでしまいます。
それを繰り返さなくては距離が歩けないという状態になります。

歩行可能時間は脊柱管狭窄の程度によっても違いますが、10分程度歩ける方もいれば、2~3分もするとすぐ歩けなくなるという方もいるようです。
通常、脊柱管狭窄症の症状が進行していくと、歩ける時間は短くなっていきます。

脊柱管狭窄症は高齢者に多い疾患で、お年寄りがシルバーカーなどを押して歩いているのを良く見かけます。
脊柱管狭窄症は前かがみの姿勢の状態では、症状が和らいできます。

そのため、なかには「歳のせいでの神経痛」と自己判断して治療を受けずに脊柱管狭窄症を見過ごしてしまうこともあります。
また、お年寄りは周囲に迷惑をかけたくないと思われることもよくあり、医師の診察を受けない事もありますので、まわりの方が注意してあげることも必要です。

またこの間欠跛行という症状は、脊柱管狭窄症以外に閉塞性動脈硬化症でも現れてくる症状です。
閉塞性動脈硬化症も高齢者に多い病気ですから、原因となる疾患が何かを見極める必要があります。

いずれにしても歩行障害に近い症状があらわれた場合は、早期に病院で診断を受けなければなりません。