脊椎管狭窄症の本当の原因

脊椎管狭窄症の本当の原因

脊椎管狭窄症の原因で、一般的にいわれているもので、先天性や発育過程における狭窄があります。しかしこれは非常にまれなケースといえます。

原因としては後天性の狭窄によるものが圧倒的に多く、変性による狭窄やすべり症なども原因となっています。
さらに、先天性、発育性、変性、ヘルニアなどが併発して狭窄を起こしている混合症や、脊椎の手術後に見られる医性の脊椎管狭窄症などもあります。

直接の原因としては以上のようなことが考えられます。
しかし、脊椎管狭窄症は骨の病気ではありません。
脊椎管狭窄症の原因の源は筋肉の運動不足であり、脊椎管を支えている筋肉を使わないための機能衰退です。

近年の生活は運動不足を招く環境にあり、その為筋肉が衰えて機能不全になる事も否めません。

筋肉を日頃から使っていないために筋力低下が進み機能不全を起こしてしまいます。
特に、骨盤を安定させ、脊椎を支えてバランスを保つ役目をするお尻の筋肉が低下すると、脊柱管内の脊椎神経もしくは、馬尾神経、神経根が圧迫を受けやすくなり、阻血や欝血状態を起こし腰痛を発症します。

脊柱管狭窄症は高齢者に多く発症するのですが、最近では生活習慣の変化などによる栄養不足、運動不足などから、比較的若い年齢層の方でも脊柱管狭窄症になる傾向があります。

筋肉が健康であれば、脊椎管狭窄症の原因となる後天性の狭窄は防ぐことができます。
また、先天性のものだとしても、筋肉に力があれば悪化を防ぐことができるのです。

このように筋肉の健康状態は腰痛にはとても大きな要因となりますので、日常生活を見直し、筋力アップを図ることが重要です。