病院を転々としてしまうのはよくない

病院を転々としてしまうのはよくない

自分の信頼できる病院を探すのはよいことですが、一度信頼できると思ってしばらく治療を受けてみて、効果がないと思い病院を変えてしまうなんてことがあるかもしれません。これはあまり積極的に行わないほうがよいでしょう。病院によって治療の方法が大きく異なるということは少なく、また脊柱管狭窄賞の場合劇的によくなるということは手術など以外ではあまりないと言えます。そのため同じような治療を病院を変えても続けていく可能性は高いでしょう。逆にそれまでの経緯がなくなってしまうことになるので、その分余計な遠回りをしなければいけなくなってしまうこともあります。病院からの紹介であれば、一緒にそれまでの症状などの情報も回してくれることになるので、その場合に限ってはその心配をする必要はないと言えるでしょう。

一度病院を変えることに慣れてしまうと、その後すぐに病院を変えることに抵抗を持たなくなってしまうこともあります。そうなると当然効果を期待することは難しくなってしまうでしょう。