あせりは二次的障害の元になってしまうことも

あせりは二次的障害の元になってしまうことも

治療に焦りを持ってしまうと、それが違う意味での障害につながってしまうこともあります。これは脊椎管狭窄症にのみ限ったものではありませんが、当然脊柱管狭窄賞にも当てはまってくるといえるでしょう。あせりは勘違いを生んでしまうこともあり。治ったと思い込んでしまうこともあります。そのためそのあたりに気をつけておかないと、治らない状態で非常に厳しい動きをしてしまったりなどがあり、大きな症状につながってしまうこともあるといえます。こうなってしまうと完治までの道のりは予想以上に遠のいてしまうといってもよいでしょう。気をつけなければいけないことになります。治療期間がある程度の長さである場合、治療そのものにかかる時間もありますが、それ以上にしっかりとした準備や、慣れを生じさせるための時間になっている場合もあります。そのため最初から最後までしっかりと取り組んでいくことが大切になります。

それが一番の治療にもなっていくでしょう。