脊柱管狭窄症、手術の際の医師選び

脊柱管狭窄症、手術の際の医師選び

脊柱管狭窄症と診断されて通院治療を続けているけれど、思うように症状が改善しないため不安になり、病院を変えたほうが良いのではないかと考えることがあると思います。

保存療法で症状が改善しない場合は、手術治療が行われるわけですが、体にメスを入れるとなると、この分野でいわゆる名医と言われている医師に執刀してもらいたいと思うのは当然の事でしょう。

脊柱管狭窄症の名医と呼ばれる医師の数は意外に多く、病院も全国各地にあります。
実際に名医に直接執刀してもらうとなるとなかなか大変でしょうが、病院であれば整形外科や腰痛に強い病院ということになります。

インターネットなどで脊柱管狭窄症の名医の名前や病院を紹介していますので、参考にするといいでしょう。

脊柱管狭窄症をはじめとする坐骨神経痛の分野で有名な医師というと、タレントのみのもんた氏の腰部脊柱管狭窄症の手術を担当したことでも知られている福井康之氏がまず思い出されます。
福井康之氏は、国内だけでなく海外からも治療を希望する方が訪れる、日本を代表する脊椎脊髄外科の権威です。

福井康之氏は、国際医療福祉大付属三田病院に勤務していますが、腰痛に関する一般患者向けの書籍(『お尻から脚が痛い「坐骨神経痛」の治療法 元気に歩けるようになる!』日本法制学会)も出されていますので、まず本を読んで福井康之氏の腰痛に関する考え方を知るのも良いかと思います。

まだ数は少ないものの、骨髄減圧術の治療が日帰りで受けられる病院もあります。
また、ペインクリニック認定医による神経ブロックを中心とした、腰痛治療が受けられる病院は今ではかなり多くなっています。

手術をしないで脊柱管狭窄症を治したいと希望する方は、こうしたペインクリニックを治療先として検討してみるのも必要だと云えます。