腰部脊柱管狭窄症を原因とする坐骨神経痛

腰部脊柱管狭窄症を原因とする坐骨神経痛

腰痛に限らず、歳をとってくると体のあちらこちらに不具合が生じたり、疲労感がなかなか抜けなったり、力が入らなかったり弱くなったりと、何らかの老化症状が表れてきます。

しかし、これを全て年齢のせいにしてしまい、病院での診断を先送りにしてしまうと、それらの症状の裏に重篤な疾病が隠れていて、さらに悪化する場合もありますから気をつけなければなりません。

腰部脊柱管狭窄症を原因とする坐骨神経痛も加齢によることが多く、50歳以上の人に多い疾患であることは確かです。

椎間板の水分の減少による脊柱管の変形・変性、脊柱管の骨がもろくなり周りの靱帯が厚くなるなど、年齢を重ねることにより脊柱管が狭窄することは否めず、脊柱管の老化や狭窄症が原因で背中が丸くなっているお年寄りを見かけることも多いと思います。

しかし、先天的に脊柱管が狭い人は脊椎の変形が起こりやすく、靱帯も厚くなりやすいため、30代でも腰部脊柱管狭窄症を発症する人もいます。

坐骨神経痛などの痛みは、脊柱管の変形で脊柱管の中の神経根や脊髄神経を圧迫して炎症を来たすために起こるもので、腰部脊柱管狭窄症の症状のある人が、必ず坐骨神経痛の痛みやしびれを発症するとは限りません。

坐骨神経痛の原因が腰部脊柱管狭窄症である場合は、体操やストレッチで痛みやしびれの症状が改善されることがあります。
ただし、高齢になると筋肉の働きが弱く、骨ももろくなっている場合があるので、無理に運動をすると、かえって症状を悪化させることになります。

自分勝手な判断で体操やストレッチをしてはいけません。
医師の指導の下、適切な方法でストレッチや体操をするようにしましょう。
また、1週間ごとに状態を確認しながら、無理をしないで続けることが重要です。