脊柱管狭窄症の治療施設

脊柱管狭窄症の治療施設

脊柱管狭窄症で悩む方はどのような治療施設を選択すればよいのでしょうか。
先ずは病院を選択する方が多いと思います。
その他にも、接骨院・整骨院、針灸院などがありますが、腰痛の原因を判断するには、やはり最初は病院で診断を受けるのがいいでしょう。

【病院】

整形外科を受診することになります。
まず、問診では間欠跛行の有無などやその状況(何分ぐらい歩けるか)などの質問を受けます。
次にレントゲン撮影で狭窄の有無を確認しますが、レントゲンでは詳細まで分からないので、MRIや造影検査での診断を行う場合があります。

脊柱管狭窄症であると診断されたら、病院では、薬物療法、ブロック注射など痛みに対する対処療法を中心に治療を行います。
しかし、排尿障害など神経症状がひどい場合は手術の選択もあります。

・腰痛の原因をはっきりとさせたい(脊柱管狭窄症であるか否かを知りたい)
・手術で治療をしたい
・薬や注射で痛みをすぐに取り除きたい

以上のような場合には病院がおすすめです。
整形外科によっては、体操やストレッチの指導を行っているところもあります。

【接骨院・整骨院】

整形外科は西洋医学ですが、接骨院・整骨院は東洋医学です。
西洋医学のようにメスで切り開かず、手技で治す治療院です。

接骨院や整骨院では、体のゆがみを整え、ストレッチ等で筋力や骨格を強化し、手術をせずに完治することを目指します。
接骨院では健康保険を使って治療が受けられます。

・整形外科で効果が得られない
・手術をしたくない
・完治を目指したい
以上の場合に接骨院や整骨院がおすすめです。

【鍼灸院】

鍼には鎮痛作用があり、 脊柱管狭窄症の痛みを和らげる治療として、鍼灸も効果的だといわれています。
痛みの通路に鍼を刺し、その刺激が脳を通じてエンドルフィン、エンケファリン等の鎮痛物質を分泌して痛みを和らげます。

鍼灸は根本的な治療ではありませんが、場合よっては痺れなど痛み以外の症状も改善することがあるので、病院での治療にあまり効果が感じられない場合などには試してみてもいいと思います。
整形外科や接骨院などでの専門医による治療との併用が有効です。

・注射をしたくない(ブロック注射よりも高い効果が認められる場合もあります)
・痛みがなかなか取れない
・手術の前

鍼灸院は以上のような場合におすすめです。