脊柱管狭窄症、原因による「国際分類」

脊柱管狭窄症、原因による「国際分類」

脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアとともに腰痛の2大原因として考えられています。
腰部脊柱管狭窄症は、変形性脊椎症(変形性腰痛症)、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症、変性すべり症、脊柱靱帯骨化症など様々な脊椎の疾患が原因でおきます。

しかし、その多くは、骨・関節・椎間板・靭帯など脊椎の加齢による変化(老化現象)で、起こり、誰にでも発症しうる可能性がある腰の疾患です。
その為、脊柱管狭窄症はとりわけ50代以降の高齢者に多く見られます。
骨、靭帯、椎間板に加齢的変化、いわゆる退行変性が加わって次第に脊柱管が狭くなっていきます。

また、体質的な要因として、本来の脊柱管の広さや形に個人差があって、体質的に脊柱管狭窄症が起こりやすい人もいます。
また、変性すべり症を持つ人も脊柱管狭窄症のリスクが高くなります。

脊柱管狭窄症は原因によって下記のように細かく「国際分類」されています。

1.先天性、発育性狭窄
  A)特発性
  B)軟骨形成不全性

2.後天性狭窄
  A)変性性
   I)中心性 II)外側性 III)変性すべり
  B)混合性
   先天性、発育性、変性性とヘルニアの組み合わせ
  C)分離すべり症
  D)医原性
   I)椎弓切除術後  II)固定術後 III)化学的髄核摘出術後
  E)外傷後
  F)その他
   I)Paget病
   II)フッ素障害