脊柱管狭窄症 初期の注意点

脊柱管狭窄症 初期の注意点

脊注管狭窄症は手術が必要な場合とそうでない場合があるわけですが、症状が酷いと「手術以外に治療法はない」と考えてしまう方が多いと思います。
そこで良くない事は、手術に対してのイメージからついつい医師の診断を先送りする事です。

脊柱管狭窄症は手術をしないで保存療法で症状が改善される場合が多々あります。
明らかに酷い痛みがあり何らかの疾患であることは間違いないのに、放置してしまたために、手術に至るような状態まで症状を悪化させてしまうことがあります。

後になって手術と云うような大変な思いをしなくて済むように、腰や脚に痛みやしびれなどの違和感がある人は、早めに受診して痛みやしびれの原因を明らかにしておくことが大事で大切です。

脊柱管狭窄症であると診断されて程度が軽ければ、薬で痛みに対処しながら筋肉を強化するリハビリを受けることで、症状は改善され手術は回避できます。

脊柱管狭窄症の初期に自覚される症状としては、腰痛以外では以下のようなものがありますので、心当たりがあれば早めに専門医の診断を仰いでください。

・歩行中、下肢に痛み・張り・しびれがあり、休みながらでなければ歩けないことがある。
・前かがみになると腰痛が少し楽になる。
・脚に脱力感を覚える、力が入らない。
・お尻や下肢に、しびれのような不快感がある。

また日ごろから、長時間同じ姿勢で働いている方、重いものを運ぶ仕事をしている方など、腰に負担のかかる生活をしている方は要注意です。

最近、腰に疲れが残り重い感じがするような場合は、姿勢を改善してみることや、デスクワークの合間に、いつもよりこまめに休息(椅子から離れる)をとるなども予防策になります。

座りっぱなしの生活をしていれば筋力が落ちてきて、腰に多くの負荷がかかるようになります。
散歩などは誰でも気軽にできて、継続して行えば腰痛対策としての筋力強化が期待できます。
ちょっとした気遣いで、腰痛は悪化を防ぐことができるのです。