腰部脊柱管狭窄症の治療-神経ブロック療法

腰部脊柱管狭窄症の治療-神経ブロック療法

腰部脊柱管狭窄症の治療法の一つである神経ブロック療法とは、痛みのある神経やその周囲にうすい局所麻酔剤やステロイド薬を注入して脳へ伝わる痛みの信号を遮断し、血流を良くし炎症を抑える治療法です。

神経ブロック療法は抜歯するときの麻酔や、がんの痛みを抑えるときなどに使用されていますが、腰や足の痛みにも使用されています。

神経ブロック療法は入院の必要はなく外来で行え、痛みそのものの原因を取り除くわけではありませんが、痛みを抑える効果があるため、薬剤の内服や、理学療法などで効果が得られない場合によく行われます。

痛みが強いとき、また持続するときなどに有効とされていますが、1回のブロックで効果が現れることはあまりないので、数回通院する必要があります。
短時間ながら、神経が伝達する痛みを取り除くことできるので、自律神経の緊張が和らげられ慢性的な痛みから解放されます。

痛みから解放された患者さんはリラックスできるようになり、自然治癒力によって痛みや痺れの症状を改善することができます。これが、神経ブロック療法の大きな目的であり、メリットとなります。

最も効果的で即効性があると考えられているのは 「選択的神経根ブロック 」 です。この選択的神経根ブロックは、痛みの治療としてだけでなく、疼痛の再現性を確認することにより、腰痛の原因が何であるかを診断する方法の一つとしても用いられます。 

ブロック直後はほとんどの場合で痛みが消えるというような効果的な方法ですが、注射針を刺した時の痛みが強く、神経根損傷の可能性もあるのが欠点です。
また、まれに血圧低下やアレルギー症状がでる恐れもあるため、医師から十分な説明を受けることが必要です。

神経ブロックは、どの神経に麻酔薬を注入するかによって約25種類ありますが、どの場合も常は一定の時間でその効力を失います。
一度のブロックで数ヶ月以上の効果が得られる場合や、そのまま再発もなく完治する場合もあります。
しかし一方で、約1時間程度の効果しか得られない場合もありますので、医師とよく相談して、納得の上で行う事が重要な療法です。