脊椎管狭窄症と共通部分がある症状

脊椎管狭窄症と共通部分がある症状

脊椎管狭窄症の症状の一つに間欠性はこうと呼ばれるものがありますが、これは脊椎管狭窄症だけに見られるものではありません。よくいわれるものとして閉塞性動脈硬化症があります。ある意味、脊柱管狭窄症よりも厄介な症状であり、重症になってしまうと非常に危険な状態になる場合もあります。生活習慣と大きく関係する部分もあり、動脈硬化が非常に大きな部分で起こっているというイメージになります。循環器系に大きな負荷があるため、他の心疾患を起こしてしまう危険性もあります。血管が詰まってしまうので、有効的に栄養を運ぶ事もできなくなり、最悪足の切断などの事態になってしまうこともある症状です。脊柱管狭窄症と同じ間欠性はこうという状態を示すことが多いですが、その原因になっているものは全く違うので注意が必要です。

血流の問題になってくるので、自覚症状が得にくいというのも厄介な点と言えるでしょう。運動不足や、タバコなどのものが原因になるので、現代人にとって決して無視することができない症状の一つです。