脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアとの合併発症

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアとの合併発症

脊柱管狭窄症とは、高齢者の方に比較的多くみられる病状で、背骨の脊髄が入る空間である脊柱管が狭められ神経を圧迫し、腰痛、下肢痛、臀部痛を引き起こす病気です。

椎間板ヘルニアは聞きなれた疾患名で、脊柱管狭窄症と病状が似ていますから、椎間板ヘルニアだろうと思われる場合もありますが、実は脊柱管狭窄症をも合併している場合も少なくないようなのです。

骨粗鬆症は加齢に伴い増加する高齢者の代表的な疾患であり、さまざまな運動器の障害を引き起こします。
骨粗鬆症になっている高齢者は、腰部脊柱菅狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの他の脊椎疾患を少なからず合併し、その病態を複雑にしているといえます。

骨と骨の間の椎間板はクッションとして機能するものなのですが、老化などによりうまく機能しなくなってしまいます。
そうなると、椎間板が脊柱管のほうへ突き出たようになり、脊柱管内部の神経を圧迫してしまいます。
つまり椎間板ヘルニアにより、脊柱管の靭帯が厚くなってしまいこれによりさらに狭窄症となって神経を圧迫してしまうのです

腰部脊柱管狭窄症の場合は上体を後ろにそらすと下肢の痛みが増加し、腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合は上体を前に倒すと痛みが増します。

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアが同時に起こっている場合は、上体を後ろにそらしても前に倒してもお尻や下肢の痛み、しびれが増加します。

腰椎椎間板ヘルニアが腰部の脊柱管が狭窄しているところに同時に起きてしまうと、神経根が飛び出したヘルニアと変形した脊柱管や厚くなった靱帯に挟まれ圧迫されます。
神経根が狭窄とヘルニアの両方によって圧迫されるため、その痛みの強さや症状の辛さは想像を絶するものになってしまいます。

腰を曲げることも伸ばすことも困難となり、歩行障害を起こすことがあります。
長い時間、立ち続けることはもちろん、中腰の姿勢や後屈姿勢もとてもつらいものになります。

このように合併型による坐骨神経痛は、他の坐骨神経痛と違い保存療法では症状がなかなかよくならないことが多いため、早いうちに手術が検討されます。
手術で脊柱管を広げ、飛び出したヘルニアを取り除くことによって坐骨神経痛の症状は軽減されます。