好きなときに好きなことをする

好きなときに好きなことをする

脊柱管狭窄症の予防をするときに、運動が義務化してしまうと少し辛くなってしまうかもしれません。そのため好きなときに好きな運動をしていくと良いでしょう。毎日一定の負荷が運動によってかかってくるようにすることができれば、決まった運動をしなくても体にとってよい刺激にしていくことができます。

この時役に立つのがMETsです。これは運動がどれくらいの負荷(強度)であるかを示してくれるものであり、一般の人でも理解することができれば有効的に活用することができる数値と言えます。これをしっかり理解しておき、自分の生活の中で生かすことができれば、毎日バリエーション豊かな運動していき、一定の負荷を体に与えて、筋力の低下を防いでいくことができます。このMETsはリハビリテーションでも利用されることが多い数値であり、信頼性も高いものなので、運動の基準にしていっても大きな問題はないと言えます。スポーツだけでなく家事やちょっとしあ散歩などにも当てはめていくことができるので非常に活用もしやすいといえるでしょう。