喫煙が脊柱管狭窄症に及ぼす悪影響

喫煙が脊柱管狭窄症に及ぼす悪影響

脊柱管狭窄症は、脊柱管がヘルニアや加齢などによって狭まり、脊柱管内を通っている神経を圧迫することによって起こるとされています。

喫煙者は呼吸器や循環器、脳の疾患などをひきおこすことが知られていますが、腰痛になりやすいともいわれ、 喫煙と腰痛には因果関係 があるようです。

タバコの煙の中には、有害な化学物質が200種類以上含まれています。
その代表的なものは、ニコチン、タール、一酸化炭素、ホルムアルデヒドなどで、この中で、腰痛の発症と関わりのあるものは『ニコチン』という研究データがあります。

背骨の骨と骨の間には、クッションの役割をする椎間板があります。
椎間板自体には血管が無いので椎間板周囲の毛細血管から栄養をとり老廃物を放出しています。
ニコチンは血管を収縮させる作用があり、椎間板周囲の毛細血管が収縮してしまうと、椎間板への栄養補給が充分に行われず、老廃物も溜まってしまい、コリの原因にもなります。

椎間板の形状はバームクーヘンのようないくつもの輪が層になっている線維輪と、その中心に水分をたくさん含んだゼリー状の髄核からなっています。
喫煙によるニコチンの悪影響で椎間板の弾力が失われることも事実で、線維輪が裂けてしまう事もあります。

椎間板は軟骨で、軟骨の主成分はコラーゲンですから、ニコチンがコラーゲンの産生を促進するビタミンCを破壊してしまうと、椎間板の健康維持に必要なコラーゲンの作成が追いつかなくなってしまいます。

椎間板は弾力性を失い損傷を受けやすくなりヘルニアの原因となり、脊柱管を狭めてしまう事になるのですます。

腰痛で悩んでいる人や肉体労働従事者は、喫煙と吸う本数の増加、運動不足などでますます腰痛が悪化していくことになります。

禁煙することによって、年齢が若ければ若いほど壊れていた椎間板が回復することがあり、腰痛は改善する可能性があります。
歳をとってから脊柱管狭窄症で苦しむことの無いように、禁煙をお勧めします。