脊柱管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症にのみならず、腰痛は早期発見、早期治療が重要なポイントです。

脊柱管狭窄症の診断が早期であれば、保存療法で痛みの軽減が期待できますが、進行してしまうと重篤な状態になり、手術をすることになります。

また、手術が検討されるほどまで症状が悪化すると、腰痛だけでなく、麻痺やしびれなどの神経症状など、全てを解消することができない場合もあります。

強い腰痛や、馬尾が圧迫されて起こる足のしびれやマヒ、排泄障害の出る重い症状の場合には手術が必要になってきます。
また、保存療法でも効果が得られず間歇跛行が改善しない場合にも、手術が検討されます。

脊柱管狭窄症の手術には、いくつかの方法があります。
手術は基本的には狭くなった脊柱管を拡張し、神経への圧迫を取り除くこと(除圧)を目的に行われますが、腰痛のレベルや痛みの強い箇所などによって、それぞれに適した手術方法が選択されます。

脊柱管の中の神経を圧迫しているものに椎弓、じん帯、関節突起などがあります。
じん帯は、骨と骨とを結んでいる組織の事をいいます。
脊柱管の後の部分が椎弓といわれる部位で、これは削っても身体への影響はありません。

手術には、これらの椎弓、じん帯、関節突起の一部を広範囲に切除する「椎弓切除術」と必要な部分だけを症状に応じて切除する「開窓術」の方法があります。

除圧が確実に行えるのは椎弓切除術ですが、手術後に脊椎が不安定になった場合には、患者自身の骨や人工骨を入れて固定する「椎体間固定術」が行われる事もあります。
手術によって除圧はできますが、足の痺れやマヒなどの神経症状は少し残ってしまう場合があります。

しかし、ごくまれに症状が再発してしまう場合もありますので、その事も含み事前に医師とよく相談して、納得した上で手術に臨むことが重要です。

腰痛は、高齢者は特に「年齢のせいだろう」としてなかなか医師の診断を受けない事が多いのですが、脊柱管狭窄症のような病気が潜んでいることもあるため、違和感のある足の痺れなどを感じたら、早期に専門医を受診し原因を突止めることが重要です。

早く治療を始められれば、手術に至らず保存療法のような治療で改善を図ることができるのです。

ただし、保存療法ではただちに効果が表れてこない場合もあるのですが、イライラすることなく根気良く治療を続けていくことが肝要です。