運動不足の脅威

運動不足の脅威

脊柱管狭窄症の原因になるのは、先天的なものを含めると多くあるように思えます。先天性のものに対して、何が悪いということはいえない場合が多く、原因よりも治療の方が重要になってくると言えるでしょう。しかし脊柱管狭窄症の場合の原因は、運動不足によるものが非常に大きいと言えます。

この場合運動不足ということを意識しないと、脊柱管狭窄症の症状を抑えるあるいは、改善することができたとしても再度痛みなどが出てきてしまう危険性が高いことになります。こうなってしまうと治療に対するモチベーションを保つ事もできなくなってしまうでしょう。運動不足は毎日の積み重ねによって出てきます。一日運動しないだけで運動不足になることはありません。そのため自分の生活そのものを見つめなおしていく必要があると言えるでしょう。根本的な治療をしていきたいのであれば、一番の近道になるでしょう。運動を普段しない人でも、運動不足に対してはしっかり考えていく必要があります。