腰部脊柱管狭窄症、装具療法

腰部脊柱管狭窄症、装具療法

坐骨神経痛の原因となる病気の中で、原因が腰部脊柱管狭窄症であった場合、理学療法の中でも装具療法が効果的なようです。

装具療法の「装具」とは、姿勢を適性位置に修正するギブスのようなもので、基本的にはコルセットにあたります。
このコルセットを装着することによって、衰えた腹筋、背筋をサポートすることができ、結果痛みを軽減できるのです。

腰部脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みを和らげるのを助けることを目的に使用するのが腰部コルセットです。
脊柱管狭窄症や腰痛では、メッシュ地などの弾力性に富む硬すぎない素材で作られている「軟性コルセット」を使用します。

腰椎が過度に後ろにそらないようにするために特殊なコルセットです。
腰部脊柱管狭窄症は腰を後ろへ反らすと脊柱管が狭くなり神経の圧迫がきつくなるので、前かがみの姿勢(猫背)で生活するよう指導されます。

腰部コルセットにより脊髄の動きも適正範囲に制限され、前かがみの姿勢は自由にとることができますので、痛みの症状を和らげるのに効果的で、また必要以上に痛みが発生しないようになります。

軟性コルセットは金属部分がないので、毎日使用しても圧迫感もなく、汗疹や蒸れによる不快な皮膚のかぶれなどの心配がありません。
腰の動きに応じて筋肉をサポートし、局部圧着構造で締め付けずに腰をサポートし腹部の圧迫や運動の制限がないのが特徴です。
コルセットをつけたままでも、前方にかたむきすぎた骨盤や腰椎の弯曲を矯正するための腹筋強化運動を行なえます。

コルセットは気軽に装着が出来ますが、上手く装着しなければ装着している意味がなくなり、脊柱管狭窄症の痛みを増す結果にもなりかねません。

また、長期間にわたりコルセットを身に着けていると、筋力の低下を招いてしまいます。コルセットの装着方法や期間は必ず医師の指導に従ってください。
自分で勝手に装着期間を判断することのないようにしなければなりません。