「自分は大丈夫」そんな思いが一番怖い

「自分は大丈夫」そんな思いが一番怖い

どんな症状に対しても自分であれば大丈夫と思ってしまう人はいるでしょう。そうであることは健康な証拠であり、活発的な生活を送る際の大きな自信につながっていくことでしょう。しかし時にはそんな思いが一番の障害になってしまうこともあります。どのような症状であれ、まず最初にはその症状を受け止めていくことが必要になります。脊柱管狭窄症の場合も同様であり、受け止めてはじめて治療が開始すると言えるでしょう。どんな人でもなる可能性のある脊柱管狭窄症ですが、あまりにもこの存在を否定してしまうと治療そのものを開始することができなくなってしまいます。そうすれば当然生活にも支障がでてきてしまうでしょう。大きな自信は大切ですが、時にそれをあえて失くす勇気も必要になると言えるのではないでしょうか。治療し、改善していけば、自信は自然と取り戻すことはできることが多いです。また症状を治すということで、健康的になる事もできるでしょう。