腰部脊柱管狭窄症、保存療法と手術

腰部脊柱管狭窄症、保存療法と手術

腰部脊柱管狭窄症は坐骨神経痛の原因としてあげられます。

「神経根が圧迫されるタイプ」などで、痛みがある場合は、「安静」を心がけ、症状の軽い場合は、「姿勢の改善」「運動」に注意を払って、保存療法を中心に治療を進めます。
保存療法でなかなか症状が改善されず、歩行困難や排泄に問題を生じるようであれば、手術が検討されます。

腰部脊柱狭窄症が進行し、次のような状態になる場合には手術が必要となります。

・足の痛みが強くなって歩けなくなり、少し休むとまた歩けるという間欠跛行が強まり、日常生活に支障が表れた場合。
・筋力の低下により歩行が困難となった場合。
・排尿や排便のコントロールが行えなくなった場合。

高齢者の場合は特に筋力の衰えから、歩行困難や排泄障害を起こしやすくなりますので、早い段階で手術が検討されます。

近年では、手術に使われる器具なども日々研究が重ねられ進歩していますし、新しい手術の方法も取り入れられている病院も増えてきています。
手術の時間も短縮され、術後も早期に普段の生活に戻れるように、病院でもリハビリにも早くから取り組むようになってきています。

しかしながら、手術には必ずリスクが伴いますし、下肢や腰痛の「痛み」・軽度の下肢筋力低下は、一気にすべて解消されない事があります。

また、残念なことに安静にしていても痺れ症状が現れるなど、こと「痺れ」「麻痺」などの神経症状については、しばしば残ってしまいますし、痛みが再発してしてしまうケースもまれにあります。

勿論、手術によって治りやすい状況になることは確かな事なのですが、「手術をしても、すべてが解消される訳では無い」という理解も必要です。

他の手術同様、ご自身の全身状態や麻酔の影響、合併症等のことなどリスクについても医師とよく話し合い、納得した上で手術を受けるようにする事が大切です。