腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症は症状において、下肢のしびれや痛み、間歇性跛行を特徴としており、特に中高年者に多くみられる疾患です。
前かがみで歩いたり、しゃがんで休むと症状が一時的に回復してきます.

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症に典型的な症状は.長い距離を続けて歩くことができなくなる間欠性跛行です。
間欠性跛行の程度は様々で、休まずに歩ける距離は進行すると「1~2分歩くとすぐに痛みや痺れで歩けなくなってしまい、2~3分かがんで休むとまた歩ける」という状態を繰り返します。

しゃがみこむと上体は前かがみになり、脊柱管の狭窄が緩み神経への圧迫が弱まりますので、痛みや痺れが軽減されるというわけです。
シルバーカーやショッピングカートにつかまって歩けば歩ける、また、自転車に乗れば痛みや痺れはなく、どこまでも行けるという特徴があります。

間欠性跛行の症状は、下肢の動脈がつまって起こす「閉塞性動脈硬化症」でも起こることもありますが,前屈位で症状が軽減するようであれば腰部脊柱管狭窄症の可能性が高いといえます。

腰部脊柱管狭窄症の原因

腰椎の老化(退行性変化)により、脊髄神経の通路となる脊柱管や神経根管に、骨や靭帯が肥厚して狭窄をきたし、神経を圧迫します。
また、椎間板の老化により、繊維輪の一部が脊柱管の内側にせり出してきて脊柱管が狭窄されることで神経を圧迫します。

さらに、腰椎すべり症から腰部脊柱管狭窄症に発展する場合もあります。
脊柱管の中心部で狭窄をきたした中心型の場合、歩行により両下肢や会陰部のしびれや火照ったような感じが増してきます。
神経根部で圧迫される外側型であれば,頑固な坐骨神経痛を起こします.

腰部脊柱管狭窄症の診断と治療

腰部脊柱管狭窄症の診断は上記の間欠性跛行や坐骨神経痛などである程度予想できますが、「閉塞性動脈硬化症」の間欠性跛行と区別するために、足背動脈の触知や足の色合いが悪いというチアノーゼも診断のポイントとなります。

レントゲンで腰椎の変形(変形性脊椎症)や変性すべりがあればさらにMRI検査を行い、脊髄の圧迫を確認することで診断を確定します。

必要に応じて、CT・・脊髄造影(ミエログラフィー)・・脊髄造影後CT(CTミエログラフィー)も用いられることがあります。

外側型の単一神経根障害であれば、リハビリや鎮痛剤による保存療法で対処します。
中心型で膀胱直腸障害(排泄障害)や、明らかな筋力低下があるものについては手術が薦められます。
しかし、多くの場合は間欠性跛行に対する生活指導や、リハビリなどの保存療法で軽減していきます。