脊柱管狭窄症、納得する病院選び

脊柱管狭窄症、納得する病院選び

脊柱管狭窄症の治療をする場合、最初は保存療法で対処しますが、保存療法で症状が改善されない場合や、歩行障害、排泄障害が出ている場合は手術を行うこともあります。

手術を受けるとなると、少なからずリスクを伴うため、病院選びも慎重にならざるを得ません。
脊柱管狭窄症の治療は整形外科が専門科目となり、手術は決して簡単で安全な手術ではありません。
どのような手術方法であっても、合併症や後遺症のリスクを伴うものです。

最近ではホームページなどで病院の紹介をしている医療機関は沢山あります。
腰痛治療に対する病院の姿勢や、どういった医師がいるのか、脊柱管狭窄症に対してどのような治療を行っているのか、手術件数は多いかなど出来る限りの情報を集めるようにしましょう。

手術件数が多い病院は、技術が高く優れた病院であって、経験豊富な医師がいる可能性が高くなります。
また、実際に脊柱管狭窄症の治療を受けた方の体験談などがあれば、そのようなものも参考にすることができます。

医師との面談で、きちんとした説明がなく曖昧な状態のまま手術をしようとする場合、納得いかないことがある場合などは、そのような病院は避けた方が良いでしょう。

病院の整形外科以外にも、カイロプラクティックや鍼灸といった民間療法もあります。
鍼灸院などを利用することになりますが、そういった場合も、クチコミや評判などの情報収集をして選ぶことをお薦めします。
調べても分からないという場合には、まずは治療について詳しく説明を聞き、施術師の対応を見ることも大切な判断材料となります。

鍼灸院にも得意とするもの、病院と同じように名医と呼ばれる施術者もいます。
反対に必要な医学の知識も十分に持たないまま、資格を持っているというだけで開業している人も居ますので、下調べはとても重要な事です。

とにかく、病院であろうと、鍼灸・カイロプラクティックなどの代替医療だろうと、1つの病院や治療院に固執するべきでは無く、患者さん自身がちゃんと納得することが大切です。