脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状が同時に出る

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状が同時に出る

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症は関係性が深い面もあり、ときと場合によってはこの症状を二つとも抱えてしまうような時もあります。当然非常に辛いことになってしまうと言えるでしょう。しかしこのような場合、どちらか一方しか治療が出来ないようなことはなく、両方の治療を行なっていくことができます。PLIFと呼ばれる手術方式を利用して、ヘルニアの症状と、脊柱管狭窄症の症状を軽減していくことができるようになっています。

ただ、どのような場合でも利用できるかどうかは、症状や、医療施設の設備などにも大きく左右されるので、このような方法で全てが解決できるわけではありません。場合によっては違う方法の治療のほうが、より高い効果を期待することが出来る場合もあります。あくまでも治療のひとつとして存在するというように考えておく必要があるでしょう。手術を行なった後の、安静期間などもそれなりの期間を要することが多いです。確実な安静が必要になってくるでしょう。